社会福祉法人 小樽育成院

やすらぎ荘へのお問合せは0134-26-3272まで!

文字サイズ

運営方針イメージ画像
トップページ »  やすらぎ荘 »  運営方針

運営方針

1.事業方針

特別養護老人ホームにおいては、入居者の生活を見据えご本人やご家族の意向を取り入れた個別ケアを柱にその個性や生活リズムに沿った適切なケアを提供しながら入居者及びご家族を含めた相互の良好な人間関係の構築も目指します。

また、各職種それぞれがスキルアップに努めお互いに連携し、ユニット型施設の特長である馴染みの関係を生かし入居者の積極性を引き出すような質の高いケアめざすとともに、長期入居・短期利用者の稼働率を高め収入の確保に努めます。

さらに介護職員の医療的ケアの実施に向けた検討を行うとともに、課題となっているボランティアやご家族との交流の場についても引き続き拡大に向け努力します。

2.  取り組みの目標

1)運営・総務

ア.経営の効率化と安定化
  • 適切且つ効率のよい加算等の分析による収益の確保
  • コストを意識した予算執行及び迅速な経営状況の把握
イ.組織力の維持・強化
  • 将来を見据えた人材確保および人材育成
  • 会議の効率化及び組織内連携の強化
  • 職場環境の分析と今後の組織体制の検討

2)介護・生活

ア.個別ケアとサービス提供体制の再確認と充実
  • ユニット型施設の特長を生かした個別ケアの提供
  • ケアプラン、栄養ケアプラン、機能訓練指導プログラムに基づく個別サービス提供の充実
  • 介護職員の医療的ケア(胃ろう・口腔内のたん吸引)の実施に向けての検討
イ.食生活の変化や楽しみな食事の提供
  • 入居者の好みや嚥下状態に適した食事内容・形態の工夫
  • 季節を感じる献立内容の実施や出前調理の実施
ウ.家族との連携の充実
  • 家族への入居者情報の積極的な提供と良好なコミュニケーションの確保
  • ケアパートナーとしての家族の参加促進

3)医務

ア.健康管理体制の充実
  • 入居者の健康管理についての情報共有と医師との連携強化
  • 医療知識等についての介護現場への指導育成
イ.施設看護体制についての充実
  • 「施設看護」のあり方についてスタッフ間の意識共有
  • 看護職ミーティング等の効果的な運用による一貫性のある処置

4)相談援助

ア.アセスメントに基づくケアプラン作成の充実
  • ケアカンファレンスへのご家族およびご本人参加の更なる促進
  • 日ごろからの入居者の積極的なアセスメントと他職種との情報共有
イ.施設内及び関係機関との連携の強化
  • 短期利用者の効率的なベッド稼動の調整と関係機関との情報交換
  • 優先入居順位に基づく適正な入居の実施
ウ.機能訓練の充実
  • 専門職(OT)のアドバイザー委託の継続と充実
  • 機能維持・回復のための具体的取り組みの立案と実施
  • 介護職への知識普及による生活リハビリの実施内容の充実
エ.イベント企画と実施
  • 計画的なイベントの実施及び効果的なPR
  • 地域との協働や家族の参加促進への働きかけ

5)スタッフの資質向上と組織力の強化

ア.人材育成
  • 単年度だけではなく、将来を見据えた計画的研修の実施
  • キャリアアップにつながる一貫性のある業務遂行・指導育成・人事考課
イ.研修・実習の受け入れ
  • 積極的な実習等の受入れと振返りによる職員へのフィードバック

6)リスクマネジメント

ア.事故報告書の収集と分析
  • 事故分析結果の介護現場へのフィードバック
  • 事故内容についてのご家族への情報開示
  • 再発防止に向けた体制づくり
イ.事故に対しての迅速な処理対応
  • 事故に対しての施設責任や対応等の協議の場の早期設定
  • 損害保険会社との連携強化

7)家族・地域・ボランティア等

ア.家族・地域への情報提供と連携の強化
  • 家族懇談会の開催や意向アンケート調査の実施
  • 地域交流事業、地域行事に対する設備や機能等の資源の提供
  • 法人機関紙の発行による積極的情報開示
イ.ボランティアの受入れと活動支援
  • 新規ボランティアの育成
  • ボランティアの活動内容の周知
  • ボランティア懇談会の実施

8)その他

ア.自己評価による単年度成果の分析と次年度計画への反映