社会福祉法人 小樽育成院

やすらぎ荘へのお問合せは0134-26-3272まで!

文字サイズ

法人理念研修を行いましたイメージ画像
トップページ »  やすらぎ荘 »  法人理念研修を行いました

法人理念研修を行いました

2018年09月03日  やすらぎ荘

平成30年8月20日(月)及び8月21日(火)の2日間で、全職員を対象に当法人の福森和千代理事長を講師に「理‎念の実現を目指して」と題し、研修を行いました。
 研修の内容は、我々の日々の支援で決して許されない「高齢者虐待」の話や当法人の理念「基本的人権の確保と擁護」の話など、貴重な話ばかりでした。‎
‎ 研修の中であった「虐待の入口は言葉、出口は暴力」はタメ口や不適切な言葉の繰り返しが虐待の入口となり言葉による暴力がエスカレートして介護放棄や身体的虐待に発展するということでした。介護・福祉従事者は利用者の人権を守るべき立場にあることを自覚しなければならないと強く思いました。
 理念や行動指針というものは文章で書いてあるものを読むだけではなかなか理解できないものです。また、文言だけ暗記していても実践に繋げていなければ意味がありません。  ‎
 今回の研修を通して全職員がその内容を深く理解するとともに実践に繋げ、理念や行動指針を飾りではなく、本当に意味のあるものにしていってほしいと願います。‎
DSC01002

DSC01004

DSC01006
‎‎