社会福祉法人 小樽育成院

やすらぎ荘へのお問合せは0134-26-3272まで!

文字サイズ

内部研修「ユニットケア研修」を行いました。イメージ画像
トップページ »  やすらぎ荘 »  内部研修「ユニットケア研修」を行いました。

内部研修「ユニットケア研修」を行いました。

2016年12月01日  やすらぎ荘

11月24日、ユニットケアをテーマに内部研修を行い、研修講師として日本ユニットケア推進センターの秋葉都子センター長にお越しいただき、「ユニットケアの基本を理解する」と題してご講演をいただきました。

やすらぎ荘では、平成16年からユニットケアという方法を取り入れています。ユニットケアとは「10人前後の入居者に対し少人数でのケア体制をとる」方法です。
 このことによって職員は入居者の些細な変化を読み取ることで一人ひとりの暮らしを大切にする視点をもってケアにあたることができ、また入居者にとっても職員との馴染みの関係の中で、安心して過ごすことができるのです。

秋葉センター長から「なぜ、ユニットケアなのか?」という入口のところから、一人ひとりの入居者をより理解し共有するためのデータや記録の大切さについてもわかりやすくお話しいただました。

ユニットケアの理念は「暮らしの継続」です。最後まで「自分が自分らしく居られる場所」を提供することが私たちの役割であることを、研修の中で確認することが出来ました。特に、現場で働いている職員にとっては、改めてユニットケアの基本的な考え方を学び、理解を深める貴重な時間となりました。

p1040581

p1040583

p1040584